【自译】萩原朔太郎:恋上恋爱的人

恋上恋爱的人

 

萩原朔太郎

 

我在双唇抹上口红,

与新鲜的白桦树干接吻,

纵使我是位美男子,

我的胸前也没有皮球似的乳房,

我皮肤的纹理用细腻的白粉也无法掩藏,

我是凋零的薄命男子,

啊——何等惹人怜爱的男子,

在今日芬芳初夏的原野中,

在闪闪发亮的树林中,

手用天蓝色的手套包上,

腰用束腰似的东西包上,

领子用白粉似的东西涂上,

一面这样偷偷地把娇态打扮,

我像少女们所做的那样,

与新鲜的白桦树干接吻,

双唇抹上玫瑰色的口红,

紧抱在纯白高大的树上。

 

1917年《吠月》

(维生译)

 

 

 

附原文:

 

 

恋を恋する人

 

萩原朔太郎

 

わたしはくちびるにべにをぬつて、

あたらしい白樺の幹に接吻した、

よしんば私が美男であらうとも、

わたしの胸にはごむまりのやうな乳房がない、

わたしの皮膚からはきめのこまかい粉おしろいのにほひがしない、

わたしはしなびきつた薄命男だ、

ああ、なんといふいぢらしい男だ、

けふのかぐはしい初夏の野原で、

きらきらする木立の中で、

手には空色の手ぶくろをすつぽりとはめてみた、

腰にはこるせつとのやうなものをはめてみた、

襟には襟おしろいのやうなものをぬりつけた、

かうしてひつそりとしなをつくりながら、

わたしは娘たちのするやうに、

こころもちくびをかしげて、

あたらしい白樺の幹に接吻した、

くちびるにばらいろのべにをぬつて、

まつしろの高い樹木にすがりついた。


评论
热度(14)
  1. 冰封之日Y.Vista 转载了此文字
    一直觉得这篇很棒呀——w
© Y.Vista | Powered by LOFTER