【自译】萩原朔太郎:黎明(外二首)

黎明

 

萩原朔太郎

 

漫长疾病的痛苦中,

那面孔生满蜘蛛的巢,

腰以下影子似的消失,

腰以上灌木丛生,

手掌腐烂

 

整个身体确已一塌糊涂,

啊——今天月亮也出来了,

黎明的月亮在空中出来了,

在灯笼般薄薄的光芒中,

畸形的白狗吠着。

那是向晨光接近的、

寂寞的方向吠着的狗啊。

 

 

漆黑的猫有两只,

在烦恼的夜的屋檐上,

高高竖起的尾巴尖处,

丝一样的新月朦胧。

“呜喵,晚上好”

“呜喵,晚上好”

“呜呀,呜呀,呜呀”

“呜喵——这家的主人真病态”

 

 

冰冷中降生,

那牙齿在水中漂过,

那手掌在水中漂过,

在连潮水去向都不知道的漂流物上、

在浅滩上踏足的我若是呼唤,

贝壳将以遥远的声音回答。

 

(维生译)

 

 

 

原文:

 

ありあけ

 

ながい疾患のいたみから、

その顔はくもの巣だらけとなり、

腰からしたは影のやうに消えてしまひ、

腰からうへには藪が生え、

手が腐れ

 

身体(からだ)いちめんがじつにめちやくちやなり、

ああ、けふも月が出で、

有明の月が空に出で、

そのぼんぼりのやうなうすらあかりで、

畸形の白犬が吠えてゐる。

しののめちかく、

さみしい道路の方で吠える犬だよ。

 

 

まつくろけの猫が二疋、

なやましいよるの家根のうへで、

ぴんとたてた尻尾のさきから、

糸のやうなみかづきがかすんでゐる。

『おわあ、こんばんは』

『おわあ、こんばんは』

『おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ』

『おわああ、ここの家の主人は病気です』

 

 

つめたきもの生れ、

その歯はみづにながれ、

その手はみづにながれ、

潮さし行方もしらにながるるものを、

浅瀬をふみてわが呼ばへば、

貝は遠音(とほね)にこたふ。  


评论
热度(12)
© Y.Vista | Powered by LOFTER